夏ほどではないが、行列注意!「サーバーの対応が悪いから」とか「わざ列を作って注意を引こうとしてる」とかいう噂もあり。
縦に細長いお店。ラテやカプチーノも美味しい。
Pankoという表記に惹かれて頼んでみた黄金パン $7。フレンチトーストの従姉妹のような揚げパン。覆われたパン粉でよりサクサクな歯ざわり。メープルシロップつき。
私たちのテーブル。この眺めだけでも、ハッピーになる。小さなフルーツのお皿が付いてくるところがにくい。
 ブランチ好き人口が多いモントリオール。週末の朝はだらしない格好のまま、自宅でエスプレッソを何杯もだらだら飲んでいたい私が、何かの間違いでブランチに誘われた。ブランチどころに詳しいドロテが誘ってくれたLe Passé Composéにいそいそ出かける。通り沿いの角地に大きくとったテラス席が人気のせいか、夏の間は週末になると、朝からお昼過ぎまで入口に長い列ができる店だった。

 平日11時半ちょっと前に着くと、店内には待たずに入れたが、テーブル席は8割埋まっていた。ドレスアップした華やかなカップルや、やはりドレスアップした熟年カップル、セルフコンシャスな女性たちが目に付く。予約はしていかなかったが、運よく窓側の2人席に通してくれた。 メニューを眺めても、ドロテの言う「目にもご褒美になる」とか「華やかな気分になる」という感じはしない。いたって普通なメニューに見える。想像するのはやめて、材料で選ぶことにした。

私が選んだ自家製ニョッキとグリルしたバゲット$21。目玉焼きの下に素晴らしい食感のキノコが仕込まれている。
ブランチを頻繁に食べに出かけるドロテが選んだポーチドエッグ(2個)田舎スタイル$22。舌でも目でも楽しめるブランチの王という風采。
平日11時半ですでにこの賑わい。フラッと来たというより、目的をしっかり持って、狙い定めてきている雰囲気。
私が頼んだのは、定番メニューから、自家製ニョッキに、パンチェッタ、ロケット菜、目玉焼き2つ、グリルしたバゲット+フルーツ$21。*パンチェッタ(豚バラ肉)を野生キノコに置き換えてもらった。

サイドディッシュメニューから、Pankoという添え書きが気になって、黄金パン(Panko)+日替わりミニ・スムージー $7。

ドロテの選択は、ポーチドエッグのセクションから、ブリオッシュに乗せた田舎風ポーチドエッグ2個、パセリ・ガーリックペーストと細切りポークのポワレ、ポルチーニと青ネギのソース+フルーツ$22。

 目へのご褒美になるというドロテのコメント通り、運ばれてきたものを見て、気分は盛り上がる。かわいく盛られたフルーツや野菜を食べ始めたが、自分が何を頼んだのか忘れていた。このコロコロしたの何だろう?と口に入れてやっと、ニョッキを頼んだことを思い出した。そのぐらい、私が知っているニョッキとは見た目が違っていた。まとめたニョッキの生地を細長い棒状に伸ばして、2cm程の長さに切り出した後、大抵はひとつずつ指先で丸めて形成するのだが、その工程が省かれて切りっぱなしにしてある。感触は軽く炙った生麩に少し似ていて、味も美味しい。ロケット菜の青臭さと良いバランスをとっている。パンチェッタの代わりに頼んだ野生のキノコの薄切りは、小さい目玉焼き2つの下に隠れていて、申し分ない状態でソースの中でとろっとしている。いろんな歯ざわりと味わい、香りが一皿の中に混在し、遊び心あるプレゼンテーションのおかげで単純に楽しい気分になる。 黄金パンはスライスしたパンにパン粉をつけてフライした揚げパンだった。パン粉をつけることで、よりサクサク感が期待できる。添えられたメープルシロップをたっぷりかけて、デザート代わりにした。付いてきたブラックベリーのミニ・スムージーが好対照でこさわやか。

 ドロテのポーチドエッグは、彩りといい創造性といい圧巻の一皿だ。ザ・モントリオール・ブランチ!盛られた卵のトップから、たっぷりとかけられた緑色のパセリペーストとクリーミーなポルチーニソースが、卵を支えるベットのブリオッシュに染み込んでいる。ポーチドエッグにナイフを入れるとトロリと流れ出る卵の黄身を、ブリオッシュで受け止めながら切り取る一口が昇天もの。ドロテが、朝食にしてはちょっと高めだけれどここが好きだと言った意味が分かる気がした。

 実際、ブランチや卵料理に$22は高すぎるという声もある。ランチメニューのベーグル$19は、確かにやりすぎかもしれない。けれど、ここはコスパや健康のことを考える店ではなく、目を喜ばせ、非日常的なわくわく感をお気に入りの人たちと共有する場なのだ。ディズニーランドのチュロス!北野天満宮の屋台の焼きそば!亀戸天神でたべる味噌こんにゃく!んーちょっと違うか。

Le Passé Composé(ブランチ専門店)
1310 Boulevard de Maisonneuve Est
Beaudry

取材・文:稲吉京子
過去のレストラン
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2018 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved