エキゾチックな飾り付けが店の雰囲気と妙にあう
 日に日に空気が暖かくなってきて、ついこの前サマータイムに変わって時間が1時間繰り上がり1日の日照時間も多くなった。いよいよモントリオールにも夏がすぐそこまでやってきた。夏が待ちきれない!というモントリオールの住民は多いようで、いい天気だがまだ風は冷たいという日にでも、カフェのテラスで厚いジャケットを着込んでコーヒーをすすっている人をよく見かける。今回見つけた店はそんな人達の心をつかみそうな、外の雰囲気を楽しみながら食事が出来るカフェ兼レストランの店ビブロスだ。

 イラン料理を出すビブロスは、昼間ブランチメニューが充実していて夜はしっかりした食事が楽しめる。レストランを開くのが夢だったというイラン出身オーナーは店の内装を自分達で改装したり、店に飾ってある装飾品全てをイランから輸入したりと工夫がいっぱいだ。テラスはないのだが通りに向いた壁に大きな窓が張り巡らされていて、天井の高い店内いっぱい日光が入り込む。

ひなたぼっこをしたくなるような空間
素朴にみえて味はこだわってる
朝ご飯を食べない人もこれなら食べれそう
 ブランチは平日9:00AMから2:00PM、週末は4:00PMまでやっていて、ランチ時は人が外で並んでることもある。まずは飲み物。$1.50から。カプチーノ、ミントティー、ホームメイドシロップ(甘いローズシロップを水でといたもの)、フレッシュジュース小$1.75、大$2.75(オレンジ、スイカ、マンゴ、グレープフルーツなど)。注文をすると、ピタ(薄いパン)と、ピザ生地くらいの厚みの甘めのパンがバスケットに入って出てくる。そのまま食べてもおいしいが、10種類(ジンジャー、イチジクなど)以上あるオーナーが仕込んだ自家製ジャムはどれも素材の味がしっかり残っていて市販のとは断然に違いついつい手が出る。

 フェタオムレツ$3.90は、スクランブルエッグのように調理してあり半生のように柔らかくふわふわで、フェタチーズと上に散らしてあるハーブが上品な味付けになっている。ハリム$3.90はシナモンとシロップで味のつけた甘めの小麦が入ったスープでオートミールよりもクリーミーで見た目よりもお腹にたまる。ディップにしてピタと食べてもおいしい。コウコウはスパニッシュオムレツのような物で、サブジ(ハーブ、ナッツ入り)$3.80、シブザミニ(ポテト入り)$3.70。ロールは、ほうれん草ペーストとフェタチーズを巻いてあり見た目ロールケーキのようだ。又、肉とほうれん草もある。ピュレ$4.90〜なす、卵、ガーリック、又は雛豆、ごま、ガーリックなどの入ったペーストでピタのディップにしたり、サンドイッチに挟んだりして食べる。

 日替わり料理$8.60もあり私が行った日は、ビーフ又はチキンとバーミセルライス。前菜$4.50、デザート$3.80(これらも日替わり)。又、毎週日曜日の17:00以降はイランの伝統的な食事も楽しめるとのこと。

 食事が終わり、ふと周りを見ると金色の湯飲みと角砂糖が山盛りの器がのった小さいお盆を前にお茶を飲みつつ新聞を読んだり、友達とおしゃべりをしている人達が目に付いた。イラン式お茶の飲み方は角砂糖を口に入れ、お茶を口に含みつつ、少しずつ口の中で砂糖を溶かして甘さを楽しみながらお茶を飲むそうだ。

BYBLOS(イラン料理)
1499 Laurier Est
(514) 523-9396
Laurier
月 休日 火〜日9:0023:00
取材・文:坂井 桂子
過去のレストラン
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved