最近私の周りで風邪がはやっている。私も風邪予防に体に良い物を食べて気をつけないと・・と頭に浮かんだのはキムチ。そういえばSARSの時もかなり重宝されてた。というわけで今回は韓国料理。

 地下鉄のバンドーム駅で降りて、105番のバスに乗り約2分。窓に描かれた韓国の国旗の赤と青の丸いマークが目印。店の中はとてもシンプルで半オープンキッチンになっている。席に着くと、メニューとプラスチックのコップに入ったあったかいお茶が出てきた。

 注文を終えるとすぐに何種類かのキムチと、薩摩揚げとタマネギを煮たもの(店の人は天ぷらと呼んでいた)が付け出しで出た。その脇にはさみが添えられていて、これは白菜のキムチを切るためのようだ。キムチは店で漬けてあるそうで新鮮で酸っぱくなく、しゃりしゃりしてる。はじめは全然辛くないのだが、食べた後ちょっとしてから急に辛さを感じてくる。

辛さがやみつきに・・・
目玉焼きが赤唐辛子と合う
店の中は以外と広い
 そんなに待つこともなく、豆腐、白菜、ネギ、キャベツなどたっぷり入ったぐつぐつしてる石鍋に入ったチゲ鍋$6.99、醤油と薬味で下味がしてある牛肉が鉄板の上でジュージュー焼けてるブルコギ$10.99が出てきた。プルコギは甘みのあるしっかりした味付けと醤油の風味で、肉は柔らかくすき焼きの味に近い。他には、コツジャンを利かせたたれで鶏肉を焼いたダッカルビ$27.99(2人分)、定番のビーフリブ、バルビ$13.99などがある。チゲ鍋はほんのりピリ辛で、ニンニクがたっぷり入っていてコクがあり食べ始めるとやめられない。だんだん体が暖まり、半分も食べないうちに汗が出てくるほどだ。中に入った野菜、豆腐は、スープの味がしみ込んでいて、かつ煮込まれすぎてなくてちょうどいい。

 次に来たビビンバは、熱くなってる石鍋に入ってきた。日本で食べたことのあるのと違って、暖かいご飯の上に目玉焼きが乗ってて、その周りにズッキーニ、ニンジン、キャベツなどの細かく切った野菜がご飯が隠れるくらい入ってる。店の人が、鍋が熱いはじめのうちに混ぜるんですよー、赤唐辛子はとりあえずこのくらいねー、これじゃあ足りないだろうから後で足してねー。と言いながら大さじ2杯くらいの赤唐辛子をケチャップのように入れて、鍋の中の物をまんべんなく混ぜてくれた。韓国では丼で出た食べ物は、全てはじめに混ぜるそうだ。ご飯おかず類は他に、金太郎飴を長めに切ったような餅を赤唐辛子のソースで和えたトルポグ$5.00、韓国巻き寿司キムバブ$4.99、シーフードとネギのお好み焼きパジュン$8.99など。

 麺類もたくさん種類がそろっている。コツジャンで味付けされた牛肉入りユッケジャン$8.99,キムチ入りブーダイチゲ(2人分)$19.99、山羊肉入りユンヤンタン(2人分)$29.99。生魚の入った冷たいスープヒュイナミョン$11.99,そばに似た麺の入ったキムチの冷たいスープビビンナミョン$9.99。冬の寒いときでも暖かい部屋の中で冷たいスープをすするのが韓国では当たり前。こだわる人はスープの入った器を外に出して、スープの表面がうっすら凍っているのを割りながら食べるそうだ。

HWANG KUM(韓国料理)
5908 Rue-Sherbrooke Ouest
(514) 487-1712
Vendôme + BUS 105 Ouest
月〜木11:3023:00
金・土11:3024:00
日(休日)

取材・文:坂井 桂子
過去のレストラン
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2006 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved