トロント出身のビジュアルアーティスト、画家、そしてアートの先生としても活躍しているHeather Midori Yamadaさんに話を聞いた。

--- いつ頃からこのお仕事を始められたのですか。

 「私がアートで和紙を取り入れるようになったのは随分前の事です。和紙を使い現代・抽象的な絵を書く際に用いたりカード作りにも使用したりしますね。積算用の美しい自然、ハンドメイド和紙をエッチングや作品のパート部分に何年も使用してきました。そして装飾的なハンドメイド和紙を使用するために、クリエイティブカードを作ることも始めました」

--- アーティストとして今に至った経緯を聞かせてください。なぜ和紙に興味を持たれたのでしょうか。

 「紙は透き通っていて優美なのにも関わらず強くて、実例のアクリル塗料や独特の水彩画の色を素敵に吸収します。そして欧州の紙に比べてより適した振る舞いを見せてくれます。カナダで初めてオープンした和紙のストア"The Japanese Paper Place"はトロントのクイーン通りにあります。Nanci Jacobiさんが20年位程前に日本の伝統的な紙である和紙に大変興味を持ちカナダに取り入れました。姉妹店であるモントリオール和紙ストア"Au Papier Japonais"500種類以上のペーパーが揃っています。和紙のセレクトに関してはNanciさんが行っていますが、モントリオール店ではLorraine PritchardさんとStan Phillipsさんがオーナーとして活躍しています」

--- 作品作りにおいて影響を受ける物は何ですか。

 「手を加える事無く自然によってできた現象です。例に出すと、『水が勢いよく流れるところ』『火』『石の上の水の動き』『強風によって葉が揺れるエネルギー』そして、日常生活によって引き起こされる偶然のデザインです。例えば、『水たまり』『自動車のオイル』『道』『子供の食べているアイスクリームが融けるところ』『歩道』『家具を動かす際、床を引きずる事によって生み出す原動力』等ですね。大切なのは先入観を持たずに全てのことにおいて注意深く見る事です」

--- 作品作りにおいて見る側に伝えたいと思うことは何なのでしょうか。

 「単に外見だけではなくさらに内面からも『見る』『感じる』事が出来ると思います。その絵の伝えたい事、絵が持っているエネルギーと出合うために、まずは、個々の肉体・呼吸・体験・精神、即ち『心』が必要です」

--- 何故モントリオールに地を移したのでしょう。

 「モントリオールは二言語使用の街、尚且つ異文化の街でもあります。これについて興味深く、私の作品に関してとても面白いのではないかと感じたのです。あまりアメリカの雰囲気がしなくて、素晴らしい街であると私は思います」

--- これからの活動はどんな事を考えているのですか。

 「おそらく作品を作り続け、草月生け花のわたなべ先生や音楽家の方々と共同作業したいですね。そして作品の過程についての本も作りたいです。又、関心のあるヨガも瞑想とアートとして統合させ、その事についても書いていきたいです」

日本の文化をカナダで伝えつつ、素敵な絵を作り続ける彼女からますます目が離せなくなるだろう。

Au Papier Japonais
24 Fairmount W.
Montreal H2T 2M1
(514) 276-6863

取材・文:水島真理
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved