「どのターンテーブルを使うかまだ決めてないけど、「引用」に備えて通常のターンテーブルを一台用意しなきゃね。でも、今は音楽のことよりも一緒に演奏する友人に再会するのを楽しみにしてるんだ。」Mutekでの即興演奏について訊いてみたところマルタン・テトローからはそんな陽気なコメントが。
 それから2日後の5月31日、3人のターンテーブル奏者と渡り合ったライブで、テトローが轟かせたのは耳にずっしりくるサウンド。そして、時折顔を出すリリックや台詞。何が起るかわからないパフォーマンスに観客は引きずりこまれるように聴き入っていた。そして、自ら改造したターンテーブル越しに共演者を指揮するテトローは2日前とは打って変って真剣な面持ちを見せていた。
 元々、ヴィジュアルアートを志していたマルタン・テトローに転機が訪れたのは80年代半ば。サウンドアートへといざなったのは偶然手を伸ばした一枚のレコードだった。レコードや台詞をカットアップした「引用」の音楽は、90年代後半にモーター音や針が盤に擦れる音などターンテーブルの隠れたサウンドに光を当てた「抽象」の音楽への昇華をみせる。「引用」と「抽象」を混在させたりその両極を行き来したMutekでのパフォーマンスは、「抽象」に傾きながらも「引用」の引き出しも持ち合わせるマルタン・テトローの現在を象徴するものだろう。

--- ヴィジュアルアートからサウンドアートへ転向することになったきっかけは?また、音響作家としての初めての仕事は?

 それまで制作していたミニマルアートの延長というか、紙という媒体に行き詰って手に取ったのが一枚のレコードだったんだ。レコードはたくさん集めてたからね。何をしたかっていうと、半分にカットしたレコードの片割だけを裏返しにてて、A面とB面がハーフハーフになった一枚の円盤に作り変えたんだ。で、それに針を落としたら全くもって未知のサウンドを紡ぎはじめた!その衝撃から音楽にハマッていったってわけなんだ。初めて音楽の仕事が舞い込んだんだのはその数年後だね。友達の紹介でモントリオールの劇団Compagnie de Bruneで振付師Lynda Geaudreauの舞台のサウンドを担当したんだ。台詞は殆どなくてヴィジュアルとサウンドがメインの舞台だったから僕が当時やってた音楽は完璧だったんだと思う。

--- マルタン・テトローのサウンドは既成の「音楽」という枠組からはみ出したものだと思いますが、いかがでしょう?

 僕の作品が音楽の観念を変えるものだとかいう自負はないんだ。John CagePierre Schafferそれからもっと近年のChristian Marclay。ターンテーブル・エクスペリメンタリストの浅い歴史において彼らこそ先駆者たちなんだ。84年から88年の間、孤独を感じながらターンテーブルと格闘していた僕が初めて出会った自分以外のターンテーブル奏者がMarclayだった。当時出会ったAmbiances Magnetiquesのメンバー、Michel F. CoteRene LussieJean DeromeDiane Labrosseにはそれ以来いつもたくさんの勇気を分けてもらってる。僕が頻繁にコラボレーションしてるターンテーブル奏者の大友良英や、Erik MJanek SchaefferPhilip JeckMartin NgMarina Rosenfeldなど数多くのアーティスト達。それから、セッションやライブをラジオ波に乗せることで長年ここの音楽シーンに貢献してるRadio CanadaHelene PrevostMario Gauthierの2人のプロデューサー。僕が音楽作りにおいて挑戦的でいられるのは、こういった人たちのお陰なんだ。彼らとの出会いを通して教えられたことは計り知れないから。
 勿論、若い人から「僕はあなたがきっかけで音楽をやってるんです」なんて言われることがあって、僕が彼らに直接的なインパクトを与えたことも理解できる。でもね、気が付いたら僕は「ここ」にいたんだ。人との出会いやフェスティバルへの招待、そんなポジティブなハプニングに導かれてね。でも、もし僕が20年かけてやってきたところからある若者が出発するとしたら、妙な感じがするけど、僕は知らず知らずに誰かにとって「リンク」の役割をしたことになるよね。で、いつの日かその誰かは別の誰かのリンクになって、そしてその別の誰かはまた別の誰かのリンクになって…。

--- マルタン・テトローの音楽を形容すると?

 ヴィジュアルアートの用語を用いて手短に定義すると、プラン、ライン、空間、対比、テクスチャーそれからヴォリュームだね。

--- 大友良英とのコラボレーションから生まれたミニCD3枚組『Studio- Analogique-Numérique』(Ambiances Magnétiques2003年4月)のリリースが実現した背景は?

 オリジナルの音源「Studio」が生まれたのは2000年11月のフランス。友人のAlexandre BellengerMihoの家のベースメントで、テクニシャン抜きでDATに直接レコーディングしたんだ。3枚のミニCDにするコンセプトはセッション半ばにカフェで大友と話し合って決めた。僕はオープンリール「analogique」、大友はPC「numérique」でオリジナル音源を個別にリミックスする個性的なものを思い描いていたから、3枚のミニCDは当然の選択だったし、別の言い方をすると3枚組以外でのリリースはあり得ないと思ってた。2人でセッションをした「Studio」は他の2枚を繋げる役目をしているわけだからね。

--- ジュエルケース(通常のプラスチックCDケース)ではなく紙のジュエルボックスを使ったパッケージのアイデアは何にヒントを得たものですか?

 パッケージに選んだジュエルボックスは今年1月、モントリオールで見つけたんだよ。ミニCDに完璧な大きさだったから、『Studio- Analogique-Numérique』の構想を形にするきっかけになったんだ。

 『Studio-Analogique-Numérique』を引き下げて大友良英とフランス、ベルギーを16日間で駆け抜けたGrand Europeツアー(その間ライブは15回!)は大成功だったという。モントリオールに舞い戻ったかと思うと休むまもなく小規模のライブを幾つかこなし、続けてVictoriavilleMutekと大規模なフェスティバルに参加したマルタン・テトロー。6月にはドイツのMoers、7月、8月はフランスFruits de MhereとドイツStralsund、秋からはカナダ、ヨーロッパ、日本でのフェスティバル参加とこれからも精力的な活動は続く様子。

Martin Tétreault(マルタン・テトロー)
ターンテーブル奏者、音響作家。Saint-Jean-Baptiste de Rouville出身。
ディスコ・グラフィーMutek公式サイトMutekでの1時間半に及ぶ即興演奏はここで聴ける。)
表紙写真クレジット:Michael Hogan


取材・文:Kanako Izawa (presqu' ile)
写真:Zoe
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved