コンコーディア大学より程近い場所に光る看板。
 Hello my friend!!という独特の響きが人々の気持ちを陽気にさせるスパニッシュ系クラブが、ここモントリオールにも在った!ご存知の方も多いかも知れませんが…そう、その名も"Momentos"

 ここは、ダウンタウンGuy ConcordiaステーションとPeelステーションの間に位置する。エントランスは$10。お酒は各種$5から。店内は決して広くは無いものの、踊りたい曲がかかれば踊りだす陽気なバーテンダーの待ち受けるバーと、バーの前方に可愛いお立ち台、そして所狭しと並べられたテーブルと椅子達に囲まれているかの様なダンスフロア、店内奥には軽く落ち着けるシートも用意されていて地下には、クロークとトイレが設置されている。

ラテンと酒に酔うも良し。
最高潮に盛り上がるフロア。
店内は常に混み合い熱気に溢れる。
 照明効果?そんなものはここには必要無い。なぜならそれは、クラブ特有の照明効果を凌ぐスタッフ達のノリの良さとクラウドのノリの良さが全てを忘れさせてくれるからだ。

 音楽は本当に様々、ヒップホップも流れれば、ハウスミュージックも流れる。しかし、やはりメインはラテンミュージック。DJがこれを流せばフロアはもう大変な盛り上がり様。男女ペアで踊るクラウドも居れば、仲間で輪になって踊るクラウドも、はたまた振り付けアリの曲が流れればもう大変。前出の様にバーテンダーだって仕事そっちのけで踊る踊る。この興奮はきっとモントリオールの数多いクラブの中でも何処をどうとってもここ"Momentos"以外には見当たらないはずだ、それもそのはず、このクラブにはスパニッシュ系のクラウドが大半を占めているのは勿論だが、それに負けず各国のクラウドも同様に盛り上がっているからだ。

 特に週末の金曜日、土曜日は正に人、人、人。まるで、日本のラッシュアワーを思い出してしまうかもしれない位に混み合い、そして盛り上がっている。しかし、そんな嫌な事を思い出してしまったら、すぐにテキーラが忘れさせてくれる。陽気なバーテンダーにテキーラをオーダーすれば、さすが"Momentos"レモンに塩は絶対忘れない。もちろんメキシコ産Corona Beerもここで飲めば何故か今迄以上に美味しく感じられてしまうのが不思議。

 "Momentos"は、トロントにも存在し、御存じの方々も多々いらっしゃるかと思いますが、冬の厳しいモントリオールの"Momentos"は冬だってパワー全快!真夏の暑さを、ラテンミュージックと共に味わうのも最高に雰囲気と気持ちを盛り上げるモノではあるが、個人的意見として真冬の寒さをも忘れさせてくれるモントリオールの"Momentos"を是非、是非お勧めしたい。それは、スパニッシュ系のクラウドやスタッフ達の陽気さが、踊る事を含めて遊び方が本当に旨いという事を冬の季節だけに浮き彫りに教えてくれるからだ。外が寒くたって、家に居たってしょうが無い。それを忘れたいあなたに打ってつけの、ノリ!踊り!酒!がここにある…。

Momentos
1426 Rue Bishop

取材・文:蝦名 慎太郎
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved