平日木曜日の夜と言えば誰もが自宅で静かに過ごし週末へ向け早めにベットに入るのが一般的過ごし方と言えよう。しかし、今回紹介するクールスポットはそんな常識を覆す空間であるのだ。そう、そのアンユージュアルな空間は曜日とは別の面にも要素を持っている。それは言わずと知れたモントリオールのもう一つの顔といわれるゲイ・ビレッジ、メトロ・Beaudryより徒歩3分の所に位置する"Parking Night Club"

 ここは、もちろんゲイ専用の大バコ。しかし、木曜日の夜に限り女性も入場できるのだ。一重に女性が入場可能と言っても、一般の女性達がかのゲイ・ビレッジに何を求めて足を運ぶのだろうか?と、みなさんは考える事であろう…。答えは、ここParkingに隠されている。ファッションセンス、個性、雰囲気、どれをとってもレベルが数段上の女性客で賑わう平日、木曜日の夜。全く異なるコンセプトからなる地上一階、地下一階の二つに分けられたダンスフロア、そして、DJが奏でるデジタルロック(地上一階)、ヒップホップ(地下一階)という、これまたアンユージュアルな組み合わせと7つからなる個性豊かなバーテンダーの待つバー。どれをとっても一風他とは異なるシチュエーションが、平日の夜に集まる女性客達を魅了しているのだろう。そして何よりもクラウド達にとって嬉しいのがエントランス/クロークを含めドリンクが各3ドルという平日ならではの安さも魅力的だ。

VJ(ヴィジュアルジョッキー)を堪能できる液晶スクリーンと共に踊る事ができる地上一階のデジタルロックフロア
トラックの運転席部分を改装したDJブースがなんとも印象的な地下一階
 ナイトクラブと言えばやはりダンスフロアとDJも重要な要素。地上一階のデジタルロックフロアは都会的な港倉庫のイメージ。天井の高さと黒を基調としたペイントに巨大なミラーボールが際立つ。そして地下一階は非都会的なトラック倉庫をイメージしたような、暖かい木目調のペイント、年代物のアメ車やハーレーをオブジェにしたラウンジのヒップホップフロアとなっている。

 気になるDJ陣はデジタルロックやハウスを得意とするDJ Frigid。彼女の女性らしからぬ選曲と時より覗かせる女性ならではの選曲/ミックスに12時を超えたフロアは大盛況。クラウドは皆、各々のスタイルで踊り狂う。しかし、デジタルロックというジャンルは最初はどうしても取っ付きにくい!と言う方には地下一階のフロアをお勧めしよう。

 トロント発のヒップホップDJDJ Moshunがレジデントを務める地下一階。こちらは、最新のヒットから、90年代後半までのヒップホップ、R&Bがながれ彼のセンスが光る選曲が印象的である。彼は実は日本にも訪れた経験が有り、日本人DJとの親交も深く日本人DJの細かいスキルに憧れているという。(彼等の詳細やプレイリストはParkingHPにてチェックできる。)どちらをとっても、異空間で有る事は変わらないのが、ここParking Night Club

 雰囲気良し、音良し、センス良し、そして平日ならではの料金設定と、平日の夜を忘れてしまいそうな程、魅力的な異空間があなたを待っている事でしょう。あなたも、たまにはこのアンユージュアルな体験をしてみては?

Parking Night Club (HP)
1296 Rue Amherst

取材・文:蝦名 慎太郎
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved