私の考えるファッションとは自己表現のひとつ。初対面の際に受ける印象でファッションはかなり重要な位置を占めているように思う。そんなファッションも機能的かつ、おしゃれでなければ意味がない。そのことをモントリオールの人々は熟知している。というのも、一年のうち約半分がマイナスの世界、それに反して夏は日差しもきつく、気温もかなり上がる。日本人の私から見たモントリオールの人々は、太陽が照れば肌を出す、雪が降れば肌をできる限り覆うといった具合だ。それでいて個性の光ったおしゃれを発揮するのが腕の見せドコロ。冬の寒さが尋常でないこともあってか、夏には街全体が活気に満ち溢れそれと同時にファッションも開放的になる。また、モントリオールという街は大きすぎず、狭すぎず、市内での移動も身近な公共手段を使うか徒歩で東西南北移動することができる。ただ日本のようにアスファルトで整備された道路ではないために(もちろん雪の重みで道路はぼこぼこ、しかも固いコンクリート)動きやすい服装ということも重要なファッションの要素である。

 モントリオールには色々な国から人が集まっていることもあってか、文化背景によって個人のファッションも異なっている。トレンドというものはあるものの、あくまでも個人が気に入っていたり、自民俗を意識したりしながら自分に似合うファッションを探求して自我の表現を楽しんでいるようだ。また、地域によってもファッションは異なる。人々の住む場所とそこでの人々の生活・文化・ファッションが密接に呼応しているせいか、住んでいる場所でその人のテイストがだいたいわかるような気もする。

 カナダの中心都市であるトロントはやはりモントリオールと比べるとファッションマーケットの規模も大きく、それに伴い消費の規模も大きい。それに対し、モントリオールではトロントのように洋服に投資する消費者の数もうんと少ない。おそらくモントリオール独自ののんびりとした生活の中では高価なファッションは受けないであろうし、普通の生活をしている人々にはそんな高価な洋服を購入する必要がないのであろう。モントリオールのファッション業界は洋服に投資する消費者が少ない為か、ファッションの規模も大きくならず、画期的なファッションが繰り広げられるという発展もない。それが国際的なファッショナブルな都市としてNYのように成長できない理由のひとつであるようだ。NYほどの国際的大都市であると世界中からの人が行き来し、物の動きも早いから当然と言われればその通りだが、カナダの中では比較的ファッションの分野で長けているモントリオールのファッションが国際的になれ切れないのはそのあたりにあるような気がする。モントリオールがNYのような都市になる必要もなければ、人々も望んでいないのは確かだと思うが。

 そんなモントリオールにもインポート物の洋服も少しはある。モントリオールのファッション業界はほとんどがイタリア人やユダヤ人によって牛耳られている為か、インポート物としてモントリオールに入ってくる洋服のほとんどは彼らの嗜好によって選ばれているような気がする。そのせいか、モントリオールでは日本のように世界中のデザイナーブランドの洋服が手に入るということはない。モントリオールにあるインポートブランドで目に付くものをざっとあげてみると、Miss SixtyKookaiDIESELなど簡単に数えられる程度である。そんなインポートブランドのファッションを真似て値段も手ごろにしてデザインされたモントリオールのローカルブランドが数たくさんある。その中でも一般対象向けのお店はPARASUCOBUFFALOFIDELDEXSpace fbなどなど。デザインの基本はインポート物を真似ていることが多いが、やはりモントリオールの人にはこのような手ごろなローカルブランドが人気のようだ。ということで、主なモントリオールのローカルブランドを以下に上げてみる。

space fb (3632 St. Laurent)
DEX (3651 St. Laurent)
BUFFALO (4201 St. Denis)
BEDO (4224 St. Denis)
FIDEL (4340 St. Denis)
Rugby North American (3526 St. Laurent)
Le Chateau (4201 St. Denis)
PARASUCO (1414 Crescent)
RUDSAK (1400 St. Catherine)

 今回はモントリオールのファッション第1回目ということなので、モントリオールブランドをいくつか紹介してみようと考えた(Marie Saint Pierreのようなローカルブランドでも一般大衆向けでないものは今回、取り上げなかったが)。今後はモントリオールの街にいる、私が個人的におしゃれだなと思う人たちに個人的なファッションについてのコメントや今日のファッションのポイントなどを聞きながら、地域別、文化別、宗教別、年齢別、季節別等にジャンル分けして、街のファッションを見ていくと、また新たなモントリオールファッションに出会えるのではないかと考えている。

取材・文:和田 良子
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved