今年2月にオープンしたLe 2-22 Sainte-CatherineSainte-Catherine通りとSaint-Laurent通りの角)
Jan Švankmajer, Zahrada / The Garden, image fixe, 1968, film 35 mm (sur Blu-ray), noir et blanc, son, 16 min. Avec l’aimable permission de Athanor Film Production Company ltd., République tchèque.
Jan Švankmajer, Byt / The Flat, image fixe, 1968, film 35 mm (sur Blu-ray), noir et blanc, son, 12 min. Avec l’aimable permission de Athanor Film Production Company ltd., République tchèque.
Jan Švankmajer, Do pivnice / Down to the Cellar, image fixe, 1982, film 35 mm (sur Blu-ray), couleur, son, 15 min. Avec l’aimable permission de la Slovak Film institute, Slovaquie.k
Jan Švankmajer, Do pivnice / Down to the Cellar, image fixe, 1982, film 35 mm (sur Blu-ray), couleur, son, 15 min. Avec l’aimable permission de la Slovak Film institute, Slovaquie.
 色々な野外フェスティバルで賑わうモントリオールのダウンタウン。毎年このフェスティバルシーズンが訪れると、モントリオールっ子達はいよいよ夏本番と言った気分になります。

 さて、今回訪れたのは、今年2月に新しくオープンしたle 2-22 Sainte-Catherine4階に入っているVOX, centre de l'image contemporaine。以前ご紹介した時は(Galerie 9参照)現在の場所から半ブロックほど南に下がった所に所在していたのですが、その当時に比べると、この区域全体から“ジャンキーの集う怪しい区域”というイメージが薄れ、モントリオール市が描く「le Quartier des spectacles構想」(アートやエンターテイメント施設の充実した区域)の一部としての機能を担っており、市の新しいクリーンな街ずくりに対する強い意気込みが伝わってきます。

 展示の方ですが、二つある展示室のうち、入り口左手にある展示室ではチェコの超現実主義のアーティストでアニメ作家、そして映画監督でもである巨匠Jan Švankmajerの短編3作品を見ることができます。以前、Švankmajerの長編映画「アリス(原題:Něco z Alenky)」(1988)という作品を観た際に、彼の作り出す独特の世界観に魅了されていたことも有り、今回の展示をとても楽しみにしていました。

 展示室に入って直ぐ正面に映し出されているのは、1968年作の「庭園(原題:Zahrada)」と言う作品です。この短編が作られたのは共産党主義体制の改革を求め、失敗に終わった「プラハの春」が起こった年。その当時のチェコスロバキアの社会状況をさほど詳しく知らなかたとしても、この作品に込められた体制批判や不条理という感情は、庭を守る為に何人もの人間が手をつなぐ事によって形成されている「生きた塀」と言う強い象徴からひしひしと伝わってくると思います。

 「庭園」の反対側のスクリーンには、同じく1968年に作られた「部屋(原題:Byt)」という、何もやっても上手くいかない不思議な部屋に閉じ込められてしまう不運な男性を描いた作品が映し出されています。もがけばもがく程状況が悪化する状況を、ストップモーションアニメと、実写とダークなユーモアの中で表現し、あたかも抑圧の中で必至にもがく市民を象徴したかの様な作品でした。

 最後に「ビロード革命」の起きる6年前に作られた「地下室の怪(原題:Do pivnice)」という1983年の作品は、「地下室にジャガイモをとりに行く」と言うごくシンプルな話で、一見なおとぎ話の様で一見イノセントな内容にみえますが、必至にがんばっても、どうもがいても目的を達成出来ないというオチが上の作品と共通していて、ただのファンタジーとは思えない意味深な内容でした。

 なお、第二展示室ではMelanie Gilliganの「Popular Unrest」という、世界を取り囲む現在の経済危機や政治問題などをベースに、近未来を5つのエピソードから描く映像作品も展示されているので、興味の有る方はこちらの方も是非ご覧下さい。


文/Text畑山理沙Risa Hatayama
ギャラリー:VOX, centre de l'image contemporaine
所在地:2 rue Sainte-Catherine Est, espace 401
スケジュール:水〜金:12時〜19時 土:11時〜17時
メトロ:Saint-Laurent
電話:514-390-0382
ウェブサイト:HP
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2012 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved