Yves Tessier
Twelve men walking on yellow (2001-2007)
casein on gesso, on wood panel
Image: Courtesy of the artist
Yves Tessier
Group Activity (2001-2007)
casein on gesso, on wood panel
Image: Courtesy of the artist
Jessica Field
Overview of Robot Ecosystem (detail) (2007)
chalk on blackboard
Image: Courtesy of the artist
Jessica Field
Species G: Line Reading Robot (2007)
Image: Courtesy of the artist
 今回のギャラリーリポートはOPTICA - un centre d'art contemporainからお送りします。アーティストランセンターやコマーシャルギャラリーがひしめき合うBelgo Buildingの5階にあるOPTICA。実はモントリオール市内に数多くあるアーティストランセンターの中でも一二を争うほど長い歴史を持っている。そのせいもあってか、ガイド付きギャラリーツアーや1972年の創設当時からの活動内容を記した文章等のオンラインアーカイブも充実している事で有名。創設当時は写真作品を中心に展示していたと言う事だが、近年では煤介にはこだわらずに絵画、ドローイング、写真、ビデオ、音楽等、色々な作品の展示に力を入れている。

 さて気になる現在の展示だが、モントリオール出身で現ニュヨーク在住の画家Yves Tessierの作品と、オンタリオ出身でモントリオール在住のニューメディア・アーティストJessica Fieldの作品を観る事が出来る。

 ギャラリーに入ってすぐのメイン会場にはTessierが2001年から2007年にかけて製作した絵画大小取り混ぜた80点余りが展示されている。フレスコ画の技法に影響を受けたということもあり、全ての作品が木製のパネルの上に顔料を使って細かく、そして鮮明に描かれているのが最大の特徴。【Situations récentes/Recent Situations】 と題されたこの作品群は様々な人の何げない日常の場面を描いた物が殆どだが、女性のヌード又は半裸になっている作品(特にアジア系の女性)もかなり多いように見受けられた。この事が何となく気になったのでギャラリーの人に聞いてみたところ、絵の中のモデルになった人々はアーティスト自身のアジア系の友達、または写真や雑誌から抜粋したものと言う返事が返ってきたのだが、私には作品の中にあるモダニスト的な要素を否定する事は出来ないように思えた。とは言うものの、美術史を踏まえて分析するのも良いだろうし、シンプルに陳列した作品を眺めながら想像力を膨らませるも良し、同じ人物が全く違う場面で再登場するのをゆっくり時間をかけて鑑賞するのも良しと、全体的には非常に見応えがある作品となっている。

 奥に在る小さい方の展示会場にはJessica Fieldのビデオと小型ロボット作品が展示されている。入り口付近の壁にはこのプロジェクトの図式が黒板ペイントの上に描かれ、すぐ横にその図式を説明するビデオが設置されている。アーティスト本人が白衣に身を包んでまるで科学者を装っているように見えるためか、長ったらしいただの説明ビデオと言うよりはパフォーマンス作品と言っても過言ではないだろう。そしてそのまた奥にある展示室に足を踏み入れてみると、今度は始めのビデオで説明されていたロボットを実際に観る事が出来る。薄暗い室内に鎮座している4体のロボットと、淡々と映し出される実際にロボットがどう動くのかを撮影したビデオを眺めていると、まるでちょっとした科学博物館に迷い混んだ様な錯覚を起こさせてくれる。

 興味のある方はぜひ足を運んでみて頂きたい。

文/Text畑山理沙Risa Hatayama
ギャラリー:OPTICA - un centre d'art contemporain
所在地:372, Ste-Catherine Ouest, #508
スケジュール:火〜土:12時〜17時
メトロ:Place-des-arts
電 話:514-874-1666
ウェブサイト:www.optica.ca
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved