ARCHIVES
ママと赤ちゃんの為の体操クラス
(2010/2/15)
アクティビティ
クラスの様子1
クラスの様子2
 こちらリトルバーガンデイスポーツセンターは、最寄り駅ジョージバニエーから徒歩1分のモントリオール市営スポーツ施設。外からは一面ガラス張りの壁から中のプールが良く見え、建物の裏には協会、前にはアンテイーク店が並ぶ。中に入ってみると突抜の天井に自然光が入る開放間溢れるホール。入り口からスロープになっており、トイレや更衣室、全て車いすやベビーカーで行き来しやすいように考慮して設計されている。とてもモダンでシンプル、清潔、アットホームな雰囲気だ。高いお金を出して行くスポーツジムは、混んでいて思うようにスペースが使えなかったりするが、こちらは安くてきれいな場所なのに知られていない為結構空いていて手が行き届いている。

 こちらはウエブサイト等での広報は一切していないので、直接行ってパンフレットをもらおう(正面入口から突き当たりに受け付けブースがある)。モントリオール在住の人ならメンバーシップ会費は無料、それ以外の方は年会費20ドル。プログラムにはエアロビクス、合気道、空手、プール(各レベル、赤ちゃんとママのプールクラスもあり)、フェンシング、サルサ、バドミントン、バスケットボール、ベリーダンス、ヨガ、ママとベビー体操クラス等がある。今回ご紹介するのはママとベビー体操クラス/Maman-Bébé(週2回(月水)3ヶ月で82ドル、一回たったの3ドル弱!)だ。フランスから来たクリステル先生は、二児のママでもあり経験豊富。経験者だけに只のベビーヨガのクラスとは違い、ママ達の本当の意味での健康を促進するように配慮しながら産後の体型と体力を取り戻すクラスを提供してくれている。

 クラスの最初の15分は、ママたちの体調や悩み、育児の事等お互いの気持ちや状況を分ち合い、アドバイスや情報を提供し合う。また今日は背中が痛い、今日は腰が痛いからこれを緩和出来るストレッチがいい、等のリクエストにも随時応えてくれる。つまり 寝不足や新米ママ特有の体の痛み等があるのに、無理して最初から組込まれたプログラムに合わせるのではなく、ママベースのママの為の体操クラスだ。一方赤ちゃん達も楽しい時間を過す。音楽に合わせて手足をバタバタする子もいればハイハイしてスタジオを思う存分動き回る子、赤ちゃん同士の声が聞こえるのもいい刺激に。また授乳や昼寝等気兼ねなくその子のペースを大事にできるのでママたちも気楽だ。週2回のうち一回はサルサダンス。抱っこ紐に赤ちゃんを入れて一緒に踊る。ラテンな音楽に合わせて気分も最高!ママの抱っこと心地よい揺れで寝てしまう赤ちゃんも。もう一回は 赤ちゃんを世話するに当たり必要な体力と筋力作りをメインに、ボールを使って腹筋運動やストレッチ、ウエイトを使って筋力作り等。先生の上手なインストラクトにより楽しく汗をかく。毎回終わった後は、他のママと話し合う時間と楽しい運動で体も気分もほぐれてとても元気に!もちろん他のママとも段々仲良くなったりもして毎回行くのが楽しみになるのだ!今年は暖冬といってもまだまだ寒いモントリオールの冬。特に赤ちゃんがいると家に籠りがちなママ、一人で寂しい思いをしているママたちにも、すごくお勧めなので、勇気を出して始めてみよう!

※リトルバーガンデイから遠い方は、同じくクリステル先生によるクラスがプラトーでも行われている。詳しくはこちら

Centre sportif de la Petite-Bourgogne
1825 Rue Notre-Dame O.
最寄り駅:Sherbrooke


取材・文:木内 美喜