ホテルの外観
ロビー
簡易キッチン
居心地の良い部屋
プレイルーム
屋外ジャグジー風呂
レストランFat Mardi's
ロブスターとチキンの一皿
 日本ではよく旅行雑誌等で「赤ちゃんと一緒に泊まれる旅館」などのテーマで特集があったりして、新米パパママ達は簡単に旅の宿泊先が選べる。しかしこちらでは中々そのような情報は手に入りにくい。

 そこで今回は友達同士はもちろん、ご家族連れ、特に乳児をお持ちの方に最高の環境である旅行先モントロンブロンについて改めて、またそこでの滞在ホテルについてご紹介。ご存知のとおりMont-Tremblantはモントリオールから車で2時間半の近距離にあるリゾート地。赤ちゃんもこれくらいの短時間なら寝ている間に着くし、途中でカルフールラバルのモールで休憩しても良し、St-savourの小さな町をお散歩して気晴らしすることも出来る。

 宿泊先はビレッジ内にあるLe Lodge de la Montagne。受け付けはプロフェッショナルでとてもフレンドリー。すごく落ち着いた、気楽な雰囲気で肩肘張らずに思いっきりリラックスして滞在を楽しめる。最近改築したばかりの部屋はとても清潔にされていて窓からはゴンドラは街、山が見える。各部屋にはソファベッドがあるので、何だったらベッドを赤ちゃんが、ソファベッドで両親が、という寝方も出来るので特別に赤ちゃん用にマットレスなどを用いる必要もない。また簡易キッチンもついているので、キッチンの流し台で赤ちゃんをジャボジャボお風呂に入れたり(とても清潔にしてあるので抵抗感なしであった)、電子レンジでミルクを温めたりなども出来る。

室内ジャグジー風呂
 このホテルには、ビリヤード、テレビ鑑賞くつろぎコーナー(部屋にももちろんテレビは設置)、室内および露天ジャグジー風呂、屋外プール、サウナ、スポーツジムマシン(ジョギング用)があり、雨天の場合でも一日中楽しめるし、夜10時までやっているので、夕食のあとのくつろぎ時間にたっぷりと楽しめる。お風呂へ行く際には、清潔なバスタオルがおいてあり、気の利いたサービスだ。

 宿泊費にはトロンブロンの山頂まで行くゴンドラへ乗る回数無制限の無料券、ビーチ(ありますよ!ビーチ。)、テニスコートへの入場無料券が付いて来る。

 山頂へ行くゴンドラにはベビーカーで乗る事が出来、わざわざ抱っこ紐で赤ちゃんを乗せなくてもいいので、気軽に乗れて安心だ。ゆっくりと山や湖、町並みを眺めながら山頂へ着いたらこれまた最高の景色だ。

 さて食事の時間。赤ちゃん連れでもいやがらず、良いサービス、美味しい食事を提供してくれるレストランを探した。

 まずメイン広場に巨大な木の椅子が店頭に置いてあり目立ったのはFat Mardi's (3035 Ch. de la Chapelle)というビストロバー。赤ちゃんと一緒でも問題なくエスコートしてくれたが、特にフレンドリーなサービスという感じではなかった。だがここで頼んだLobster Roll(12.99ドル)と、Orleans chicken(22.99ドル)はどちらもロブスターが入った料理で、とても美味しく、旅行での自分へのご褒美になった。*ここで頼んだPoulet Pistache(19.99ドル)は、ピスタチオと黒砂糖のソースで絡めたチキンで、美味しそう〜!と思ったが、残念ながら期待はずれであった。

 次の日の晩に見つけたLes Artistes (116 RUE KANDAHAR)(詳しくはこちらをご覧下さい。)このレストランは、上記の店よりも空いているが、こちらの方がずっと良いサービス(かなりフレンドリーで、赤ちゃん好き!!)でお料理は30ドルで肉か魚のコース(サラダまたはスープとメインデイッシュ)が頂けて、どちらも、特にお魚料理(この日はやわらかい白身魚をクリームとケイパーのソースで絡めた品)は美味しかった!

 という訳で、これから紅葉も楽しめるMont-Tremblant、ビレッジ内でとことん楽しめ、お昼寝なんかにホテルにすぐに戻れるのでとても安心な旅、育児の疲れ、気晴らしにいかがでしょうか。

インフォメーション:
Le Lodge de la Montagne (HP)
140 Chemin Au Pied de la Montagne Mont-Tremblant
取材・文:木内 美喜
過去のアクティビティ
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2009 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved