絵画の中に居る様
優しい目をした馬とお散歩
巨大なダイニング
おばあちゃんのレシピ
賑わう受付
 日差しが春らしくなってきたかと思いきや、先日の大吹雪。もう永遠に冬で、このまま春なんて来ないんじゃないかと思いたくなってくる。

 こんなときは、元祖ケベコワのモットー「人生楽しく」を学びに行こうじゃないか。ここSucrerie de la montagneは、口コミで雰囲気、料理、サービスともに評判の高い砂糖小屋。モントリオールから車で1時間弱の近さながら、辺りはすっかり田舎風景。真っ白い雪の中に映える小屋の色。彼のおばあさんからのレシピ。昔からのオーブンや器具。

 ダイニングには、見たことの無いくらい大きな暖炉。テーブルにはボトルにたっぷりのメープルシロップ。ピエールさんのおばあちゃんから受け継いだレシピで作られた料理は、しつこくなく、温かみがあって美味しい。いつのまにか、お代わりをしている。小屋で作られた手作りのパンは、柔らかくほんのり甘い。最後のメープルシロップタルトは、甘そうと思ったが、これがまた美味しい。思い出しただけでまた食べたくなる。

 食事が始まるとともにケベック伝統音楽と歌で、いきなり盛り上がるダイニング。バイオリンを弾きながら各テーブルに大サービス。一度はやってみたかった、あの「スプーン」楽器。音楽に合わせて叩くのは意外に難しい。しかしここで居合わせたゲストの有志みんなで奏でるリズムは、会場をいっそう盛り上げ、まさに「人生を楽しく」を味わえる瞬間。

 さあさあ、みんな飲んで食べて、おなかいっぱい。外では馬車が御待ちかね。2頭の馬は巨大で、優しい目をして人懐っこい。間に入って写真を撮っていると、私の帽子をムシャムシャ。馬車に乗って園内を。これが早くて気持ちいいし、かっこいいし、すばらしいひと時だ。小屋に戻ったらメープルシロップの採取工程を説明してくれ、その後シュガーシャック。日本の牧場でソフトクリームの味が格別なのと同じように、街中でするシュガーシャックと、味が違うぞ。

 ダイニングに戻ればラインダンスの始まり。そうそう、これです。ケベック料理にケベック産メープルシロップ、ケベック音楽にケベックダンス。人生楽しい!

インフォメーション:
Sucrerie de la montagne (HP)
300 rang Saint-Georges, Rigaud
(450) 451-0831

土:15:0020:00
日:10:0014:00
2歳以下:無料 6歳まで:8ドル 12歳まで:14ドル
13歳以上(大人):27.50ドル
取材・文:木内 美喜
過去のアクティビティ
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved