ノッケから個人的な話で申し訳ありませんが、数ある夏のイベントの中で、ボクが今年一番に楽しみにしているコトがあります。まぁ、もったいぶるのもイヤらしいので、ズバリ、明かしちゃいます。それは、8月12日から18日にかけて、Summerlea Golf & Country Club(モントリオール近郊)で行われる、女子のゴルフ大会、カナディアン・オープンです。昨年のこの大会の覇者、女王アニカ・ソレンスタムを始め、日本人の女子プロも多数参加するらしいですよ。女性ゴルファーの笑顔って、イイなぁ・・・と思うのは、ボクだけではないはず。

そういうヨコシマな理由も含めて、実際、生で観戦するなら女子プロかなって思います。何故か?ボクみたいなアマチュア・ヘボ・ゴルファーにとって、男子プロは、全てがスゴ過ぎます。スゴ過ぎて参考にならんのです。例えば、あのタイガー・ウッズ。先日の全英オープンで大活躍した丸山茂樹でさえ、「タイガーは、全く違った世界でゴルフをしている。」と言ってました。(ボクに言わせりゃ、「アンタもスゴイよ、茂樹君。」って感じなんですけどね。)もちろん、ツアーで戦う女子プロも、アマチュアから見れば、別世界の人間。それでも、そのスイングや球筋、ゲームの組み立て方など、男子プロと比べると、多少は参考にできる部分があるんじゃないかなぁって、そう思うのです。在モントリオールのゴルファーの皆さん、こんな絶好の機会を逃す手は、ありませんよ。詳しくは、こちらをご覧ください。

 今月は、ゴルフを紹介しましょう。ゴルフ場は、車で行かなきゃならないし、クラブ・セット、ゴルフ・シューズ、とにかく「道具を揃えるのにお金がかかる」と思われがちですが、心配ご無用。本格的にゴルフを始めるのには、それなりの費用がかかりますけど、今月紹介するのは、遊び感覚のゴルフ。つまり「バスとメトロで、手ぶらのゴルフ」です。・・・というわけで、自前のゴルフバッグを“持たずに”やってきたのは、ここ、GOLF GARDENS(7745 Cote de Liesse)。DOVAL空港の近くで、メトロのDu College から202番のバスが出ています。

 このGOLF GARDENS、打ちっ放し練習場もありますが、オススメは、ショート・コース。気になるお値段は、$12。16時以降は、なんと、$8。ほらね、遊び感覚的お値段でしょ。ただ、ボールだけは、持参(または購入)しなければなりません。ボールは紛失することも考えて、2〜3個ネ。受付を済ませると、7番アイアン・9番アイアン・パターの3本を無料で貸してくれます。18ホール全てが、100ヤード前後のショート・ホール(パー3)なので、この3本のクラブで十分。しか〜し!グリーンは小さいし、ボールを打つときの力加減も必要だから、意外とムヅかしい。バンカーもあるし、最長で150ヤードのホールもあります。だから、パー(3回打ってカップに入れる)を取るのは、簡単じゃないのよねぇ。でも、その面白さったら、もう、アンタ。いい歳した大人がハマってしまうのが分かりますよ。ナイスショットに感動して、ミスショットに泣いて・・・。一喜一憂、喜怒哀楽。たかだか、止まっているボールを叩いて、カップに入れるだけのスポーツに、こんなにも多くの感情が含まれているなんて、他には、ないでしょうね。(ちなみに、取材時のボクのスコア?すべて打ち直しなしの一発勝負で、70でした。ボク的には、ベスト・スコア。)

 さぁ、季節はまだまだ夏。その日差しを受けた、鮮やかな芝生の緑。吹き抜ける風の爽快感と開放感。ナイス・ショットが打てたときの快感。そして、青い空に向かって、一筋、糸を引くように飛び出してゆくゴルフ・ボール。全ては、この一瞬のためのプロローグだったのね・・・なんて感動しちゃいますよ。(本文中は、敬称略としました。)

※アニカ・ソレンスタムは、不出場になりました。(編集部・8/16/2002)

取材・文:H.N
撮影:床井雄志
過去のアクティビティ
当ホームページ内の画像・文章等の無断使用、無断転載を禁じます。すべての著作権はFROM MONTREAL.COMに帰属します。情報の提供、ご意見、お問い合わせは「左メニューのCONTACT」よりお願いします。
Copyright (c) 1996-2007 FROM-MONTREAL.COM All Rights Reserved